引越センター

 

まずは一括見積もりで比較を

move

引越し業者として知名度の高い3社、アート引越センター、サカイ引越しセンター、アリさんマークの引越社、それぞれの違いってどういうところなのでしょうか。どこもそれぞれ家族向けも単身向けも様々な引越しパック、プランを設定していて、ニーズに応じた引越しを選択することができます。

 

arrow アート引越しセンターは梱包や養生の資材がとても豊富で、引越し作業時の養生作業は本当充実しています。また、モノをしっかり梱包してくれるので安心して任せる事ができます。とにかくCMやインパクトのあるトラック「0123」が印象的、実績も豊富な引越し業者と言えるのではないでしょうか。

 

arrow サカイ引越センターは大阪、堺が本拠地。いまや全国区で活躍の引越し業者です。パンダのマークでおなじみですよね。サカイでも予算に合わせたコースを色々と用意しています。ユニークなのは、ダスキンとコラボレーションしたサービス。引越しは家をきれいにする大チャンスでもあります。これを逃す手はないということで、ダスキンのお掃除サービスがプラスされているのです。なかなか魅力的ですよね。

 

arrow アリさんマークの引越社はまずホームページトップで簡単見積もりが気軽に出来ちゃいます。引越しってどのくらいの費用がかかるのかな・・・ちょっと気になったらチェックすることが出来て便利ですよね。「お客様目線」でのサービスを徹底しているアリさんマークの引越社でも様々なプランがあります。
どこが合うか、どこがいいのかは、相性もあるでしょうし、まずは一括して見積もりして、比較するのがお勧めです。

ハート引越センター、ダック引越センター、アーク引越センター、それぞれの特徴

ハート引越センター。単身引越、家族引越向けの様々なプランが設定されていますが、一つ目をひくプランがあります。
それは「シニア向けお引越サポート」です。高齢者施設の引越しをサポートしてくれるというもの。施設担当者の悩み、そして利用者の悩み。例えば、高齢者施設引越しに関するノウハウがなくて困っているとか、これまでの荷物をどうしよう、部屋の広さが違う・・とか、他の引越しとは少し異なる悩みに対応してくれます。また、法人向けですが、事務所引越しのサポートプランなどもありますよ。

 

ダック引越センターの公式ホームページのURLは888888.jpととても覚えやすいですね。このホームページにアクセスすると、その曜日によってキャンペーンが告知されています。例えば火曜日なら、家族引越し対象で見積もり時に梱包資材をプレゼントしてくれるというもの。引越しは何かと物入りですから、ちょっとしたプレゼントやオトク情報は嬉しいですよね。また、ダック引越センターでも単身、家族向けのみならず、すべておまかせプランや家具だけプランなど、色々なプランが用意されています。

 

アーク引越センター専門の教育を受けたプロのスタッフが対応するということ、また、ギネスに登録された200拠点を超える受付全国ネットワークなどが特長です。引越しのダンボールもなかなかかわいいテイストの、引越し業者です。

 

引越し作業で疲れているカップル

引っ越しの訪問見積もりはこんな感じ

attention今は引越しセンターの見積もりはまとめてネットなどで一括して出来ます。かなり気軽ですし、比較することで一番オトクに引越しできるプランを選びやすくなっているのですが、やはり顔を合わせて、実際に荷物や部屋などを確認した上で、最終的なしっかりした見積もりを取る必要があります。つまり訪問見積もり

 

ある程度、引越センターをしぼってから訪問見積もりを依頼することにはなるでしょうが、業者側の営業マンも「ここで決めたい」という思いできます。なんとかして契約にこぎ着けたい、という営業マン。

 

例えば引越しの日時や車の手配などの関係で、「今すぐにきめてください」ということもあるかもしれません。が、やはりここは頑張って交渉すべきところです。本当にこれ以上下げられないという限界の価格を出してくれているのかどうか、なかなか見極めることは難しいですが、それでも、相手のペースにならないように。

 

もし、しつこい営業マンがきたときのために「この後用事があるので」などと予め伝えて、タイムリミットはきっちり決めておいたほうがよいでしょう。そうでないと、粘りに粘る、迷惑な引越センターの営業マンもいないとは言えないので・・・。もちろん強引でイヤな営業ばかりではないでしょう。感じのよい営業マンが来てくれれば、気持ちよく契約できるということもあるでしょうしね。

 

あとは、ネットやメールでの見積もり時には分からなかった細かい点、例えば梱包資材の値段とかサービスとか、保険についてなど、しっかり確認するとよいですよ。引越センターごとに、サービス内容や料金提案は本当に違うものです。

 

新居について話し合う

 

サカイ引越センターは堺で生まれました

hint大手引越し業者の一つ、サカイ引越センターの沿革、ご存知ですか?
サカイ引越センターは昭和46年に開設。もともと貨物自動車取扱業として「株式会社アーイ引越センター」という商号でしたが、昭和56年に「株式会社堺引越センター」となっています。堺に営業所があったことが「堺(サカイ)」の由来なんですね。今の名称「サカイ引越センター」になったのは平成2年のことです。その後ホームページを開設し、インターネットによる見積もりサービスを開始したり、平成10年にはマイスター制度を導入したり、ISO9001認証を取得を次々と進め、セーフティレコーダーを全車に導入したり、ダスキンと提携したり等々、サービス体制、実績を確立していっています。
サカイ引越センターのウリは「真にプロフェッショナルであること」ということで、
安心したサービスとして5つ

  • 「徹底したスタッフの教育」
  • 「全国に2958台の車両を取り揃え」
  • 「大切な荷物をまごころを込めて梱包し」
  • 「こまやかで多彩なサービスを提供」、そして
  • 「全国150支社を超えるサカイのネットワークで日本全国の引越しを手伝い」 

を挙げています。引越し業者、大手から中小規模のところまで様々なところがあり、競争も激しいことでしょう。それぞれよい意味で競争しあい、いい引越しサービスをどんどん提供していってもらいたいですね。

 

ダンボールに囲まれている部屋

当サイト管理人の運営するホームページへのリンク

ここでは、当サイトの管理人であるわたしのホームページをご紹介させていただきます。参考になる記事があれば異幸いです。

 

同じマンション内で引越しする場合…

 

同じマンション内で引越し。別の階や部屋移動の引越し料金を安く!

 

同じマンション内で引越し。別の階や部屋移動の引越し料金を安く!
http://www.xn--68jb9zkfvb2dc8187dg0em65a2i7i.com/

 

究極の近距離引越し。それが、同じマンション内の引越しや、空いた隣の敷地に家を建てた場合。ただ、自分達で荷物を運ぶというのも大きな家具や家電があると限界があります。かといって、高いお金は払いたくありません。そこでおすすめなのが、こちらのサイトにある部屋の移動方法。もちろんプロに任せますので安心です!